実際に使用するには

YouTubeコンテンツIDは、YouTubeにアップされる動画を含む画像や映像作品の著作者を守るためにYouTubeが打ち出したサービスですが、これを正常に運用していくにはガイドラインに沿ってアップされている事が前提となるのは当然です。そのためにも特定の段階を踏んで申請していかなければなりません。もしも自分の作品が不正にコピーされるなどの被害にあった場合は双方の話し合いの元で、妥当処置が取られます。毎日のようにおびただしい画像作品がアップされていく中で、コンテンツIDを取得したものに関しては常に監視されています。

不正コピーされた画像に対してコンテンツIDを取得した著作権者はYouTubeが掲げるポリシーの適応を受け、相手側に強い権限を持って勧告できるのです。手始めにアップしようとしている画像作品の参照コピーをYouTubeに提出し著作物登録をします。YouTube専用のアップローダーを使って動画のアップロードができます。サイト内を点検して合致する作品がないかどうかを点検し、ガイドラインに沿ったものであると承認されれば、所有者としてのアカウントが作成されて様々なコンテンツを利用できるようになります。

この時必要に応じて第三者にアクセス権を付与する事もできます。あとは指示にしたがって管理システムを構築していけば良いのです。著作権侵害を受けた場合の異議申し立てはYouTubeが行ってくれますから、双方間での面倒な作業は不要です。YoutubeコンテンツIDは単に著作権保護するだけではなく所有者にアフリエイト収益をもたらす働きもしますし、万が一コピーが見つかった場合でもYouTubeコンテンツIDを利用して著作権所有者の収益にする事ができるのです。共同所有契約を交わした後の収益分配レポートも発行されます。

 

著作権保護で収益可

YouTubeを開き動画を再生させた時に広告が最初の数秒間流れたり、場面下部に広告画像が貼られていたりするのを頻繁にみかけるようになりました。ほぼ全動画に広告が行き渡っているイメージを受けますが、このうちの半分以上はYouTubeに著作権登録されたものです。無許諾されたものもありますが、すべて大元の著作権者のニーズに沿ってつけられた広告です。

YouTubeは世界中から閲覧されている最大手かつ老舗の動画サイトですから、閲覧数の多さを利用して自身でアップした動画作品もしくは、元々の権利者からアクセス権を付与される代わりに添付されたのです。コンテンツIDを取得する事によって不正コピーなど著作権侵害の予防対策になるのと同時に、アフリエイト収益をも得る事ができるのはYouTube動画の魅力の1つです。

もちろん自由に誰でも閲覧可能とする事で自作品を世に広める事もできますが、どうせなら利益も得たいと考える人も多いゆえです。ターゲットにしたい地域を絞る事もできます。面倒な運用作業や監視作業もすべてYouTubeが行ってくれますから、権利者が負担を負う事もありません。不正コピーは絶えず検出されますし、双方の交渉によって収益物扱いにもできるのです。

複数ユーザーで管理している場合でも収益は公平に分配されますし、逐一報告も受け取れますから、現状を把握してよりアクセスされやすい工夫や修正もできる点でお得感もあります。あまりに一般常識に欠く問題画像であったり、不特定多数の人に不利益をもたらす危険のあるものだったりするようであれば、YouTube側で権利承認しないという対策がとられます。特に閲覧数の多い人気動画は厳しく監視されています。