YouTubeコンテンツIDとは

誰もが手軽に動画を無料配信できて世界中の人に見てもらえる動画配信サイトとして、知る人ぞ知るYouTubeは手軽ゆえの問題を抱えているのも現実です。スマホでとった映像も配信できますから難しいHTMLの知識もほとんど不要な点は最大の魅力ですし、ガラケーからスマホに買い換えるユーザーの中にはYouTubeをもっと手軽に閲覧したいという人も多いのです。ただし注意が必要なのは引用した動画の著作権がどうなっているかという点です。

テレビ放映された番組を携帯端末で写した動画を時たま見かけますが、著作権の問題が発生している事を気付かずにやっているケースが意外に多い事に気付かされます。そうした問題のある動画はサイト側で削除されていますが、実際問題方々に拡散されてしまってからは手の打ちようがありませんし、テレビメディアではこの問題がたびたび話題に上るように、大変深刻な事態を引き起こしてしまう場合もある事をしっかりと心得た上での利用が望まれます。

著作権を安全な状態におきトラブルを最小限まで避けるために、YouTubeが設置したサービスにYouTubeコンテンツIDがあります。これはこのように定義づけられています。テレビドラマを含むすべての映像および楽曲作品・書籍を含む著作物・ポスターや絵画を含む視覚的作品・ゲームやソフトなどのソフトウエア・ミュージカルなどの演劇作品、つまりYouTubeにアップされているほぼすべての法人・個人作品に著作権が発生していると見なされており、これらを無断借用・利用・放映を予防するためのサービスとしてYouTubeコンテンツIDが設置されているというものです。今回はYouTubeコンテンツIDについてお話します。